HOME > 製品情報 >給与計算システム PAYSシリーズ モデルP2

給与計算システム PAYSシリーズ モデルP2

給与計算システム

民間企業向けモデルP2

◆複数社処理・複数社統合処理が可能
◆平成22年4月改正労働基準法対応
◆2年分の実績記録で年を跨ぐ集計が可能
◆膨大な数の「手当」「控除」「勤怠」項目が設定可能
◆他システムとデータの交流ができます。(CSV形式)

当システムは豊富な自由設定項目を有し、さらに月給・日給・時給の区分管理が可能となっており、多くの民間企業様をはじめ、各種特殊法人様でもご利用頂いております。

製品概要

月次給与の支払諸条件
基本給のほか、手当の項目は「基本手当10項目」「超過勤務手当10項目」「交代勤務手当5項目」「通勤手当」および「自由利用手当27項目」までの対応が可能です。

法定控除7項目(所得税・健保・介護保険・厚生・年金基金・雇用・地方税)のほか、自由利用控除項目は最大37項目までの対応が可能です。

手当・控除の名称は、全て自由に変更できます。

給与制度は、月給制・日給月給制・日給制(個人単価は3つまで)・時給(個人単価は5つまで)の4つの支給形態が利用できます。

超過勤務手当の計算は、下記の通りとなります。
    (1)(指定手当項目)/(所定勤務時間:10進法・60進法)
    (2)別途、単価の定額固定の方式も利用できます。
    (3)割り増し率は、最大10項目まで設定できます。
    (4)超過勤務手当の翌月支払方式(前月単価)も選択できます。

企業内で別の勤務条件がある場合の対応が可能です。

宿日直等、単価が決まっている「手当」が利用できます。(交代勤務手当等に利用)「所得税計算(含む乙欄・報酬等)」「各種社会保険」の対応、「支給額の端数自動処理」「銀行振込み」等が完備されています。

毎月の給与計算処理は、個人毎に変更のある勤務時間等、及び手当、控除額を画面より入力する方式で行います。画面内の各勤務とか手当等の項目に情報を入力しますと、即座に手渡額までの計算が完了し、画面による結果の確認が可能です。

また、項目単位毎に情報を入力する、「バッチ処理」の入力画面も用意されています。

尚、このシステムは前年の月別年間実績と本年の月別年間実績を、全項目について記録していますので、年をまたぐ社会保険月額算定処理または、各種統計用に「会計年度」での集計表が作成できます。

賞与の支払諸条件
賞与は、年5回まで取り扱いができます。賞与の内訳は、支給10項目とし、控除項目は「所得税・雇用保険・特別保険料・厚生特保の他、自由利用は10項目が利用できます。

また、支給額を決める計算式は組み込まれませんが、順次一般的なパターンの支給方式が機能強化される予定です。社保算定・年末調整等の処理条件

健康保険・厚生年金の対応(基礎と月変)の対応は、政府管掌の方式に準拠いたします。

所得税の年末調整は、すべて法定に準拠いたします。生命保険・個人年金・損害保険の支払額を入力することで控除額が自動計算されます。

充実したオプション
社会保険FD提出システム
(オプション)
ターンアラウンド方式をより簡単にするため、賞与及び基礎届・変更届の内容を社会保険庁指定のフォーマットに変換し、FDまたはMOに出力して、社会保険事務所等に提出することができます。(厚生年金基金対応)

仕訳データ生成システム(オプション)
給与計算の実績より、仕訳伝票を生成します。
毎月発生する仕訳伝票イメージ(貸方、借方科目、摘要等)を登録しておき、集計結果より仕訳伝票を自動生成します。

住民税振込システム(オプション)
各市町村への住民税納付書の手続きを、銀行と契約しているファームバンキングの「住民税振込」業務の通信機能を使用し納付の手続きを行います。

製品機能

■項目名称設定機能
手当・控除・勤怠項目、全ての項目について名称の変更設定が可能となっています。統計用に「会計年度」での集計表が作成できます。

■有給日数管理機能
月次の給与計算の入力画面と連動。スクロールで画面を切り替え、1月から12月までの有給管理が確認できます。

■明細書備考欄入力機能
明細書に表示する備考欄は、個別入力か一括入力の選択ができます。

■通勤手当と交通費の管理機能
(1) 定期券
定期券として3ヶ月分、6ヶ月分等の支払サイクルを登録することで指定月経過時に
自動的に給与計算に反映します。
(2) 回数
1回あたりの支給額を設定し、出勤日数等の回数を掛け合わせて支給額を
計算する交通費の管理も可能です。

■データ変換機能
給与計算、期末・勤勉計算等の計算結果を表計算に受け渡すためのCSVデータ変換機能を用意。


■年度切替処理機能
年次更新処理後に処理年度の切替で前年分の処理が簡単にできます。年をまたぐ最長12ヶ月の昇給差額計算や前年11月、12月、当年1月等の随時改定処理が可能となり、さらに、会計年度(前年4月から当年3月)で集計した各種集計表や出し忘れた前年の帳表をすぐに出力することができます。

出力帳表

 
給与明細書 差額明細書
銀行振込依頼書 差額計算内訳表
個人別一覧表 標準報酬月額変更届
所属別一覧表 源泉徴収簿
グループ別集計表 法定支払調書
任意集計表 給与支払報告書
多目的集計表 年末調整明細表
住民税納付一覧表 その他各種帳表
社会保険一覧表 所属名称チェックリスト
給与人事台帳 銀行支店名チェックリスト
賃金台帳 コードブック
給与支給一覧表 住所録
賞与明細書 勤怠チェックリスト
賞与支給一覧表 年末調整チェックリス

処理条件

 
登録会社数 99社/コンピュータ本体1台
登録所属数 2,000件/社
登録銀行数 1,000件/社
登録個人数 5,000人/社
勤務区分数 5区分/社
全項目記録年数 2年分/社
支給区分 月給、日給月給、日給、時給の4区分/社
(支給区分別に手当・控除項目名称の登録が可能)
勤怠情報項目数 50項目/社
給与手当項目数 46項目/社
給与控除項目数 32項目/社
法定控除項目数 7項目/社
賞与支給項目数 10項目/社
法定控除項目数 6項目/社
賞与控除項目数 10項目/社
処理会社選択 会社別パスワードの登録/会社統合機能なし
給与計算業務 入力同時演算方式/一活演算機能なし
社保算定業務 入力同時演算方式・一括演算方式
昇給差額業務 機能なし
年末調整業務 一括演算方式
外部データの変換 制限付きCSVファイル入出力
全銀協・給与振込データの作成
※ 入力データの保存回復処理
その他トラブル対策処理
ユーザー独自の計算式はまたは
帳表にカスタマイズ可能(有償対応)

対応環境

 
メ モ リ 512MB以上
容   量 1GB以上
ディスプレイ解像度 1024×768以上 必須
CD-ROMドライブ 必須(システムセットアップ時使用)
外部記憶装置 必須(データバックアップ時使用)
プリンタ ページプリンタ・ドットプリンタ
(A3が印刷できるもの)

サプライ



商品名 販売セット数 販売価格(円)
給与支払明細書(封筒)WIN 連続 1箱 1,000枚 26,250
給与支払明細書(封筒)WIN-EX 連続 1箱 1,000枚 26,250
折込式給与明細書WIN(青・茶・緑) 単票 1箱 1,000枚 31,500
封筒式給与明細書WIN 単票 1箱 1,000枚 31,500
給与振込依頼書 連続 1箱 200枚 10,500
給与支払報告書 連続 100枚 2,100
給与支払報告書 B4 単票 100枚 2,100
支払法定調書 連続 100枚 2,625
A4白紙単票用紙 単票 1箱 2,500枚 10,500
A4白紙共通用紙 連続 1箱 1,000枚 10,500
B4白紙単票用紙 単票 1箱 2,500枚 10,500